ちょい悪おやじ計画:男のシャツby Collectlight
この間、私が作った「メンズシャツ」が引き金になって、うちのおっさんこと、Collectlight氏の洋裁熱を復活させてしまったようです。
1年ぶりに彼が彼自身のために手がけたシャツ。本日、私がボタンをつけたので、こちらに
アップします。

f0057681_14265668.gif


パターン:「男のシャツ」よりセミワイドカラーシャツ

生地:HARUさん

ボタン:あさひこーげいさん

要するに、私が作るより、自分で作った方がうまくできるということなんでしょうね。
悔しいけど、私より、個々の処理がうまいです。
パターンを写して、裁断+印付けまでが私の仕事。
後は、おっさんが黙々と私の監視の下で作ってました。(ミシンの設定や糸換えは、私の仕事なので・・・・)

光の加減で色が若干違いますが、実際の地色は、「アイボリー」。一番上の
写真が近いです。(クリックすると写真でかくなります。)
地色「アイボリー」に濃い紫の花柄です。
生地の厚みは、ブロードより若干、しっかり目。この間の黒のドビーシャツより厚いせいか
衿がしっかりしております。


この本、読んでいるだけでもなかなか勉強になるのですが、
衿+カフス+前立ての組み合わせでいろいろな種類のシャツが作れるのです。
多分、洋裁したり、デザインしている人でないとその違いは、分からないだろう。
(私も、この本を読むまでは、メンズシャツは、何でも同じだと思ってました。)

黒シャツはカフスがカッターカフスと呼ばれる、角が切り落とされたものでしたが、
このシャツは、ラウンドカフスというものです。着心地は、どう違うのでしょうかね。

いずれにせよ、自分の気に入ったシャツが増えたことで、おっさんは、上機嫌です。
明日、早速、着ていくと思います。



「クライ・ムキ」さんのメンズシャツのパターンと比較して・・・・・

「男のシャツ」の方が、全体的にスリムにできているようです。
クライさんのは、カジュアル向きのパターンなんだろうなぁって思います。
イメージ的に、TシャツにGパンでその上に羽織るようなイメージかな。
少し、厚めの生地でオーバーシャツとして着るとしっくりくるのではないかなぁ
と私は思ってます。

「男のシャツ」はタイをして、ジャケットを羽織ることを前提に作られたパターンのようです。
ただ、我が家にある既製品のシャツ(メンズ メルローズ&コムサ・デ・モード)のものと
比較すると台衿が太い!!(私のパターン写すのが間違ったのかもしれませんが・・・・・)
そして、カフスがJKよりちらっと見えるようにするためにか、
袖丈が気持ち長めな感じがします。


実際、タイをしてみないとこの台衿の良さがわかりませんが、袖や身頃のもたつきが少ない
ことで、我が家のおっさんは、悠々と、デニムJKORトレンチコートを羽織って今の時期、着こなしを楽しめるようです。


私は、今、娘の入所式用のよそいきワンピースを作ってます。
こちらは、間もなく完成予定。近々、アップします。



**********
それから、1つ連絡です。春より、おっさんの運営する ブログ
をこちらに合併することに
なりました。何故って、彼の仕事が忙しいこともあり、管理もできないし、何より、
活動が春~夏がメインなので私がアップした方がいいのでない??という話に
なりました。
ということで、今後、こちらにはDIY&ガーデニングのネタが増えると思いますが、
今後も夫婦共々、仲良く??やっていきたいと思ってますので、どうぞ、宜しく、お願いします。
[PR]
by ccyama | 2007-03-28 15:00 | 手作り


<< 娘の多分、よそいきワンピース ギャザーTシャツと・・・・ >>